少ない量

化粧道具

化粧品を取り扱っているところはかなり多いと思います。
会社で行っているところ、個人で行っているところ様々あります。
会社で販売する化粧品の製造にかんしてはOEMが主流だと思われます。
そしてOEMで製造する会社や施設などは、化粧品製造の認可をもっているところに依頼することでしょう。
それはパッケージを見れば一目でわかるものと、分かりずらいものがあります。
製造者と販売者が違う場合は、一目瞭然ですが、製造と販売者が一緒の場合があるのです。
これは、権利を有してそうしているのと、都合上そうしているのがあります。
すべてにおいて、いろいろな方法が存在する訳です。
ですので、それらに気を付けて化粧品などの選択をしていきたいものです。

個人で製造している方もいらっしゃいますが、基本的に許可をもっていないと、化粧品としては販売することができません。
わかり易くいえば、雑貨のような扱いになり、人の肌などに塗ることは許されないのです。
ただし、自分自身で作り、自分自身が使用することには法律的には制御するものはありませんので、自由です。
では、何がいけないかというと、それを化粧品として販売することなのです。
ただの物として販売することには問題ないのですが、それでは、購入してくれる人もいなくなってしまいます。
それらをクリアする為に、販売側はいろいろな方策や手段を考えるのですが、最終的には法の壁を破れないものとなってしまいます。
このように、日本では法律で厳しく取り扱っているために、粗悪品などが出にくい状況を作りだせているのです。