玄米を食べて健康意識【栄養機能成分が優秀な食材をフル活用】

MENU

和食

健康はお米から

お米は日本人にとって大事な食材です。特に玄米は栄養たっぷりで健康を維持するのにおすすめの食材です。そんな玄米を食生活に取り入れることで栄養バランスが良くなりいつまでも強い体を手に入れることができるはずです。玄米で健康になりましょう。

玄米

上手な選び方

栄養分が豊富な玄米は農薬が残りやすいので、無農薬のものを選ぶようにしてください。また、胚芽には毒素が溜まりやすいので発芽させて無害にした方がよいので、発芽玄米を選ぶか、天日で乾燥したものを24時間水につけて発芽させてから食べるようにしてください。

女性

ダイエットに最適な主食

主食を白米から玄米に変えることによってダイエット効果を高めることができます。豊富に含まれる食物繊維によって腸内環境が正常化し、便秘になりにくくなります。最初から3食全てを玄米にするのが大変であれば、1食を置き換えることからはじめてみてください。

和食

健康に良い理由

玄米は日本人に不足しがちな栄養素を補うことができることで人気になっています。またサプリメントでは購入費用がかかったり、飲む習慣を作らなければいけませんが、玄米は費用的負担が少なく、普段から食べるものなので気楽に取り組めることでも人気になっています。

玄米

健康食品を活用する

玄米は体に良いと言われていることもあり、定期的に摂り入れたい人もいることでしょう。継続的に無理なく摂り入れるには健康食品がいいかもしれません。健康食品にも様々なものがあるので、摂り入れやすい商品を選択しましょう。

食べる時の注意点

おにぎり

よく噛んで食べること

精米してしまうと失われてしまう栄養素がたっぷり残っている玄米は、食物繊維は白米の6倍、ビタミンB1は白米の4倍含まれていて健康に良いことで有名です。しかし、玄米を食べる時にはいくつか注意点があります。玄米は白米に比べて表面に皮が残っているので、どうしても消化が悪くなってしまいます。特に消化機能が発達していない小児や消化機能が衰えてきている高齢者には胃や腸に負担がかかってしまうかもしれません。いきなり玄米を食べることが不安な場合や玄米を食べてみておなかの調子が悪くなったような場合には、1分つきや5分つきなどにして、少しづつ玄米に近づけながら食べてみるとよいでしょう。玄米はパサパサしていておいしくないと考える人がいますが、それはどうしても水分を吸う力が弱いため炊きあがりが硬くなってしまいます。そこで、玄米を炊く時にはしっかりと水につけて水を吸わせるようにしてください。それも30分とか1時間というのではなく、できれば発芽するまで水につけておくのが理想的です。玄米は固い皮がついているので炊きあがりが固くなりますが、逆にその皮が栄養分とお米本来のうまみを守っていることになります。しっかり噛むことによって消化が良くなるだけでなく、時間をかけて食べることで満腹感を感じやすくなり、ダイエット効果も高まります。玄米は白米よりも糖質が少ないのでよりダイエット効果が高まります。30回は噛むつもりでゆっくり食べるようにしてください。

Copyright© 2018 玄米を食べて健康意識【栄養機能成分が優秀な食材をフル活用】 All Rights Reserved.